ラィラランナー




ポルノ浪漫ノエルとリアム、二人をつくりあげた音楽とは?

ポルノ浪漫

I love animated cartoon, music, and movie. Record OK of the day anywhere because it differs.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ノエルとリアム、二人をつくりあげた音楽とは?
いぁぁぁっぁ!
結局、兄弟喧嘩の何が言いたいのか不可能な音ですが、
やり取り+オイラ風味は楽しいフレームですw



どーぞ!

ごらん下さい。


とにっくビッチ満載DEATH!
ブーンドックス 2nd観てるから可笑しな方向になってます。

最初に思い浮かぶレコードといえば?

ノエル:ビートルズの「Ticket To Ride」。俺は音楽を分析することなんてしないから、どうして好きかは分からないけどな。最初に好きになったレコードはSex Pistolsの「Anarchy In The UK」で、怒りにあふれた騒々しさが好きだったんだ。

リアム:Peters & Leeの「It Was You Who Tripped Me Up」だろ、ボケ。

学生時代を思い出す曲は?

ノエル:The Jamの「Going Underground」。俺は学校に関しちゃ良い思い出が全くねえんだ、
学校もクラスにいるやつらもみんな大嫌いだったからな、
もちろん教師もだ。でも給食担当できれいな女性がいて、
俺達にとって母親的存在だったんだ。
とにかくこいつが(リアムを指して)入学してきた年にちょうど卒業できてよかったぜ。

リアム:「Hey Teacher Leave Those Kids Alone」ってあるだろ。
(ピンク・フロイドの「Another Brick In The Wall (Part 2)」中の歌詞のこと)。
俺にはり倒される前に卒業できて良かったな!

彼女と恋に落ちたときの曲は?

ノエル:うーん、よく覚えてないな…

リアム:よし、俺の番だ。(テープを取り上げてマイクに向かって叫んで)
どの女のことだ?いっぱいいすぎてわかんねえよ!!
こいつははっきり言わねえが、俺は言えるぜ。(この頃、リアムとパッツィの仲は険悪になっている)。

ノエル:お前、後で後悔しても知らねえぞ。俺は言いたくないな、きっとくだらない曲だとは思うけど…

リアム:そのくらいで黙っとけよノエル、俺はThe Jamの「The Bitterest Pill」。ビッチ!

ノエル:今俺をからかいやがったな!

リアム:からかってねえよ。ビッチ!

ノエル:いいや、からかったね、生意気にもな!
わかった!
わかったぞ!(天翔十字鳳で打たれる後のザコw
お前が好きなのは「The Bitterest Pill(苦すぎる薬)」
じゃなくて「The Morning After Pill(モーニング・アフター・ピル)」だろ(マイクを取り上げて)!

失恋ソングは?

ノエル:Monty Pythonの「Always Look On The Bright Side Of Life」。

リアム:どっかのくだらねえやつが歌ってた「Perfect Day」。Lou Reedだったかな。ビッチ!

ノエル:「Ticket To Ride」も胸が張り裂けそうな歌だよな。

リアム:失恋ソングってどういう意味だ?

ノエル:聴いた時に、別れた女のことを思い出して悲しい気持ちになる曲のことさ。

リアム:ああああああ。それなら「Perfect Day」だ。聴いてるみんな、わかったかな?なら酒くれ。

ノエル:まず金払えよ。

リアム:いやだ、払わねえ払わねえ払わねえよ。

ノエル:だろうな!

リアム:払わないからな。「Perfect Day」、他にないだろ。この曲が俺の失恋ソングだ。

最高の時を呼び覚ます曲は?

リアム:Dodgyの「Going Out For The Summer」。

ノエル:嘘だろ!その曲は駄目だ!そういう意味の質問じゃねえよ。

リアム:(テープを近くの水槽に投げるフリをして)なんだよ、くそったれ!何?はぁ?
一番良い思い出?The Stone Rosesの「She Bangs The Drums」。

ノエル:俺もそう。

リアム:ローゼズのアルバム全部。まさに幸せな瞬間だぜ!最高!さっさとぉ~次の質問に行けよ。

あなた達にとっての夜のアンセムといえば?

ノエル:まだ世に出てない曲、俺達の新曲さ。発売されるまで待つんだな。

リアム:ああ、今言えるのはそのくらいだ。今俺達休暇中なんだ。。。。

ノエル:そう、俺達の新曲さ。

リアム:まだ黙っとけったら!

ノエル:分かったよ。そうだな、OASISは俺のバンドじゃないし。

リアム:じゃあ誰のバンドだ?

ノエル:お前のだろ。

リアム:今の聞いたか?俺のバンドだとよ!
俺のバンド!録音したよな、ミスター・.ジャーナリスト?俺のバンド!

ノエル:お前のバンドだよ。

リアム:おっと!ビッチ!!!俺のバンドじゃねえ、
だって今の俺達はくだらなさすぎて誰にも愛してもらえねえだろ!
みんなに愛されてた時のOASISこそ俺のバンドだ!卑怯者!(ノエルの穴に蹴りを入れする)。

バンドを組むきっかけになったレコードは?

ノエル:The Stone Rosesのファーストアルバム。

リアム:ノエルが作った曲。

ノエル:お前は俺が入るより前にバンド組んでただろ、このクズ!

リアム:わかったわかったよ。でも俺達がバンドを組んだのは、お前が作った曲を聴いたからだぜ。

ノエル:ああ、そうか、じゃあやっぱりOASISは俺のバンドだな。

リアム:そうさ、あとLed Zeppelinの「When The Levee Breaks」も。

ノエル:俺はThe Smithsの「The Queen Is Dead」。

リアム:ピストルズにローゼズにパンクパンク、ニューウェーブ。これこそ音楽だ。

ツアーバスの中で絶対流れない曲は?

ノエル:ボーンヘッドの曲だろ、Cocteau Twinsに The Sugarcubes、The Stranglers、 あとA Flock Of Seagulls,、Classix Nouveaux,Split EnzにKajagoogoo…

リアム:とことん言ってやるぜ、ロビー・ウィリアムズの曲だ!これ、絶対書けよ!(シャドーボクシングをしながら)文句あるやつはいねえよな!!

ノエル:太っちょウィリアムズ。





リアム:そう、太っちょウィリアムズ、
それに俺の言葉も書くんだぞぉ~。
ロビー・ウィリアムズのことを言い出したのは、俺だ!
ノエルじゃないからな。ロビー・ウィリアムズ関連は全部ビッチだ、わかったか?

ノエル:俺達のツアーバスでは流したことないだろ。

リアム:当然だろ!もしあいつの曲が流れたら、
俺はすぐバスから出て行くからな、
歩いたほうがましだ、トレイラーにいたほうがましだ、
っうかトレイラーの後について歩いたほうがましさ!

新年を迎える瞬間に聴く曲は?

ノエル:ロビー・ウィリアムズの「Millenium」じゃないな、うーん、
多分俺達の曲。多分ここでは口に出せないが…

リアム:俺が歌ってやるよ。それかthe glockenspielの曲。

自分のお葬式に流したい曲は?

ノエル:The Jamの「Going Underground」。

リアム:Bob Marleyの「Natural Mystic」。(NMEインタビュアーの股間をさわろうとしながら、頬にキスして立ち去る…)。


ヤリすぎて腹が痛いです。
あんま美味く出来てない改変を見てくれてアリガ!です。
スポンサーサイト
Comment
≪一万年と2000年前から愛してる♪≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
管理人の承認後に表示されます
2014/05/27(火) 09:03:13 |
Designed by raira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ノエルとリアム、二人をつくりあげた音楽とは? ポルノ浪漫